【ストレッチの聖地で】

      2019/05/29

昨日は名古屋で
 
タウトニングJ体感セミナーでした。
 
この日は愛知県の
理学療法士学会が同じ施設でありましたが、
 
ストレッチのメッカである名古屋で、
同日、同施設で開催は
 
ちょっと運命を感じました。
 
うつりゆく時代の中で
ストレッチからタウトニングに
代わっていくスタートとも思いました。
 
なぜ、
ストレッチが効果にならないかですが、
 
1)筋繊維が切れる
 
2)可動域が下がる
 
3)筋出力が下がる
 
4)2、3一方が良くなっても他方は下がる
 
5)生理学的反応で30分以内しか変化は持続しない
 
6)侵害刺激と認識し身体は守りモードを発動させる
 
これらの理由が重なりあって
 
目的を達成されることがありません。
 
じきに、
AIの口から
そのことを告げられる日もくると思います。
 
受講生もストレッチの副作用や
 
タウトニングの驚劇変化を体感していただけました。
 
やっぱり驚いていましたね。
 
人間のメカニズムって興味深いです(^^)
 
オープニングのプロレスの登場では
 
照明を追加しました笑
ストレッチをするとどういう変化が起こるか体感!
受講生全員タウトニングの凄さに驚きを隠せないようでした♪
The following two tabs change content below.
堀川 浩之
理学療法士として14年間病院勤務を経て、2013年これまでにない新しいボディコンディショニング方法を推奨する団体・WBC institute 一般社団法人を設立。関節や皮膚などのコンディショニングを行うことで心身の不調を改良することを目的としている。ボディコンディショニングスペースHOT(広島県広島市)代表。

 - セミナー報告, 一般セミナー

【ストレッチの聖地で】

ストレッチに代わる新しいコンディショニング法【タウトニング®】を世界へ。

Copyright© WBC institute 一般社団法人 , 2019 All Rights Reserved.