第18回 週刊『トラの小言』 それは拘縮ではない!即座で治せる関節可動域制限は〇〇!

      2020/07/07

拘縮という語句だけを使うのは正しくはありません。

器官名を頭に付けるべきです。

定義は引っ張っても元の長さに戻らない病態です。

痛みはありません

筋が突っ張って痛い場合は、筋スパズムが原因がほとんどです。

関節の引っ掛かりが原因です(滑膜関節機能障害)

一度でよくなる可能性は高いです。

逆に関節拘縮の場合、3か月以上要します。

タウトニングをしている理学療法士を始め、インストラクターはこの違いは分かっています。

よかったら、参考にしてみてください。

今月末、広島、来月名古屋に行きます!

お問い合わせはLINE@から

@tautening

The following two tabs change content below.
堀川 浩之
理学療法士として14年間病院勤務を経て、2013年これまでにない新しいボディコンディショニング方法を推奨する団体・WBC institute 一般社団法人を設立。関節や皮膚などのコンディショニングを行うことで心身の不調を改良することを目的としている。ボディコンディショニングスペースHOT(広島県広島市)代表。

 - トラの小言, 動画 , ,

第18回 週刊『トラの小言』 それは拘縮ではない!即座で治せる関節可動域制限は〇〇!

ストレッチに代わる新しいコンディショニング法【タウトニング®】を世界へ。

Copyright© WBC institute 一般社団法人 , 2020 All Rights Reserved.