第41回トラの小言 【筋収縮を強くする方法】“神経生理学的アプローチ” 条件、順序 

      2021/01/10

筋肉が収縮できない、

できにくい、

もっと力が入るようにしたいときに

神経生理学アプローチでは促通(生理学用語)を図ります。

1940年頃の筋再教育から始まり 1960年代に確立された技術といえます。

実施するにあたっては、条件や順序があります。

日本の理学療法養成校では残念ながら習いません。

正常な人全てに共通なので 参考にしてみて下さい。

 

 

 

The following two tabs change content below.
理学療法士として14年間病院勤務を経て、2013年これまでにない新しいボディコンディショニング方法を推奨する団体・WBC institute 一般社団法人を設立。関節や皮膚などのコンディショニングを行うことで心身の不調を改良することを目的としている。ボディコンディショニングスペースHOT(広島県広島市)代表。

 - トラの小言, 動画, 未分類

第41回トラの小言 【筋収縮を強くする方法】“神経生理学的アプローチ” 条件、順序 

ストレッチに代わる新しいコンディショニング法【タウトニング®】を世界へ。

Copyright© WBC institute 一般社団法人 , 2020 All Rights Reserved.